顔汗 薬

顔汗の薬・・・

薬と言うと大げさに感じてしまいます。
一般的に内服タイプのモノと肌に塗布するモノに大別されます。

内服薬は抗コリン剤が配合されたモノ。
いわゆる副交感神経が抑制される働きをします。
使用にあたっては医師の判断を仰いだうえ、納得してからになりますね。


私の場合は肌に塗布するクリーム。
市販のモノを使っており、暑い時期でも抑えられています。

まずは市販のクリーム。
それでも効果がなかったら薬を処方してもらう。
私はこのように考えてクリームを使っていました。

顔汗 原因

顔汗の原因はいくつかあるようです。

私の場合は、体質的に汗かきなので体温調節が上手くいっていないのかと思っています。
その他、緊張やストレス状態になると急に汗をかいてしまうということも聞きますよね。
精神性発汗と言うそうです。

顔汗 制汗剤

顔汗が嫌なところはたくさんあるのですが、
その一つが化粧が落ちてしまうところ。

散々汗かいて最悪なのに化粧まで落ちてしまったら・・・

対策として制汗剤を使うわけですが、
私が使用しているのは化粧落ちしないものを選んでいます。

顔汗 かかない方法

顔汗をかかない方法。

全く汗をかかないというのは、
ほぼあり得ないと考えてよいでしょう。

真夏日に外出すると汗びしょになります。

かかない方法、というより顔汗対策を考えるほうが賢明です。
制汗剤やクリームを塗る。
基本的にはこんな感じです。

顔汗がひどい

最近、太ってきたせいなのでしょうか?
それとも更年期障害に入ってきたためでしょうか?

やたらと汗をかくようになってきました。

学校のママ友も40歳を超えたら、
少し歩くだけで汗が出てくると言っていました。

それほど多くの水分は取っていないのに。
若い頃はあまり汗をかかなかったのに。

今では顔汗がひどいのが悩みです。